女将の書 今月の歌(2016年9月)

今月の女将の歌をお詠みくださいませ。
源氏

のゝ宮にて、よるのきむまつ かぜにかよふといふだいを
琴の音に峰の松風通ふなりいづれのをより調べ初めけむ
斎宮女御 ―朗詠集より―

【大意】琴の音の響きに、峰を吹く松風の音が通いあって聞こえます。琴の絃(お)と、山の峰(お)と、どちらの「お」から奏でかけたのでしょう。